出演者は、音大を卒業して演奏活動を行っている菅野千怜さん(ヴィオラ)、霜村真由美さん(ヴァイオリン)と音大在学中の菅野里香さん(ヴァイオリン)、荒木匠登さん(チェロ)による生演奏をしていただきました。(2016年12月4日 ゼン・カフェ・マリーナにて)

モーツァルトのアイネクライネナハトムジークをはじめ、様々な曲で魅了しました。
胎教音楽と同じように味噌作りの際にも、モーツァルトの曲を聴かせるとおいしくなると言われているそうです。

今回は前半と後半に分けた2部構成の1時間プログラムでした。
味噌作りをしている人は聴きながら作るというのはもちろん、その他にも演奏だけを聴きにいらしてくださるお客様もいらっしゃいました。
また、今回はクライアント様のお孫さんがヴァイオリンを演奏できるということで当日、
急遽ではありましたが一緒に演奏をするというものもあり、とても和やかで楽しい雰囲気になりました。

この度は、味噌作りの際のBGMをご依頼頂いた楮原 雅博様、またご来場頂いた皆様、ありがとうございました。