ネクストステージ・プロジェクト、Web担当の永井玄太です。
6月8日に「個人音楽教室のためのWeb集客セミナー」を開催しました!

今回で4回目だったのですが、参加者の方がお知り合いにご紹介いただくことが増えてきた為、今回から一般開放いたしました。

このセミナーは、私が実際に実家のピアノ教室を2年弱で生徒数7名から44名に再建させた手法をお教えするものです(その時のエピソードは私のHPで公開しています→こちら

17名の方にお申込みを頂き、当日参加は14名様。
一般の方も6名お越し下さいました。

14名となると、年齢も楽器も状況もさまざまです。
20代、30代、40代、50代と、一般参加もあり、今回はけっこう幅がありましたね。
楽器も、ピアノ、声楽(合唱)、トランペット、サックスなど、ジャンルも越えてご興味をいただけた様です。

やってるのに生徒が集まらない先生へ

さて。

4回目ともなるとだいぶパターンが見えてくるものです。
今年に入ってから50人近い方にセミナーをしたり、ご相談を伺ったりしてきました。

何となく興味本位でいらっしゃる方も少なくはないですが、やはり切実に生徒募集で苦戦されている方が多いようです。

募集がうまくいってない方でよくお見受けするのが

ホームページ?持ってますよ
ブログ?もちろんやってますとも
SNS?ええFacebookもTwitterもInstagramまでやってます
でも生徒が来ないんです。

というパターンです。
成功している人がやってる事を聞きつけて、ご自分も同じものをやってはいるのです。

なのに自分は成功しないと。
不思議ですね。

なんでかな~と思って見たり聞いたりしていると
「ひょっとして『やってる』というだけで満足してませんか?」
と思うケースが、とてもとても多いように感るのです。

いやいや、やれば良いというものではないですよと(笑)

ハタから聞くと当たり前に聞こえますよね?

でも、当のご本人にはなかなか分からないものなんです。
「やるのがやっと」という方も多いかもしれませんね。

本人はやっている=できていると思っていて、できていない事が分からない(認めない?)。

「ブログは大事ですよ、検索エンジン対策は大事ですよ」
と言っても、

「そんな事は知っている、とっくにやっている」
と思われる。

じゃあ何で生徒さん来ないんでしょうね?
というと分からない。

答えは簡単です。
上手くやれてないからです。

「何をやるか」で思考が止まっていて
「どうやるか」まで踏み込めていないのです。
やり始めたその先が、まだまだあるんです。

そして実は「何をやるか」の前に考えるべきことが、一番重要だったりもします。

今回はその辺のお話も少しだけしました。

120分で全てを語る事は到底不可能です。
語ったとしても、120分でそれを飲み込み消化するのは不可能です。

しかし入り口ぐらいにはなると思います。
変わるきっかけぐらいにはなるでしょう。

今回ご参加下さった方々は、ぜひこれを気に実践を積み重ね、商売繁盛して下さいね。

次回は8月開催を予定しています。

個人音楽教室のためのWeb集客セミナー講師
永井玄太
nagai-sbs.com