若い音楽家が「一人の社会人として自立するためのノウハウ」を学び、それぞれの「ネクストステージ」へ羽ばたいてほしい』との願いから設立されたNPO法人ネクストステージ・プランニングの情報誌『オン活VOL.2』がリリースされました!

タイトルの「オン活」には、さまざまな意味が込められています。

音楽と生きる「音活」、温かい活動を意味する「温活」、読む人の心のやる気スイッチをON!にする「オン活」

音楽が社会をつなぐ



音楽大学や専門学校で音楽を学んでいると、自分の学びが社会で役に立つのか疑問に思えてきたり、さまざまな理由から将来音楽を続けていく事の難しさに直面して、悩む時もありますよね。

本誌では、NSPの「生演奏」を提供する魅力的な活動や、「音楽と共に柔軟に生きるひと」への取材などを通して、新しい時代に生きる若い音楽家の皆さんに必要な情報をお伝えしています。

  • 実社会の中で、生演奏はどんな場所で必要とされているの?
  • 音楽を仕事にするためには、演奏技術以外にどんなスキルが必要なの?
  • 社会で活躍している音楽家の心構えって?
  • 自立するためには、まず何から初めたらいいんだろう?

などなど、あなたの「知りたい」を詰め込んだ『オン活』、なんとPDF版を無料ダウンロード配信しています!!
忙しい音大生や若い音楽家の皆さん、スマホでダウンロードして空き時間にサクッと読んでみては?

音楽に関わる新しい目的や、音楽と共にもっと柔軟に生きていく方法が見つかるかもしれませんよ!

『オン活』VOL.2 今回の見どころ

特集2「OWN YOUR LIFE」

今回取材を受けてくださったのは、フリーランスのジャズトランペット奏者と、外資系IT企業の正社員という2つの顔を持つ、石井真さんです。

トランペットとの出会いから、学生時代のビッグバンドでの経験、奏者と正社員という“二足のわらじ”スタイルの生活まで、幅広くお話してくださいました。

日々の試行錯誤や「自分らしく生きる」大切さなど、色々な経験をしてきた石井さんだからこそ伝えられる事がたくさん詰まった記事になっています。

「たきのぼりなひと」

「たきのぼりなひと」とは、「鯉の滝登り」のように勢いがあるたとえ。
NSPのスタッフを経験し、勢いよく成長していく若い音楽家を紹介しています。

今回は、サックス奏者とカメラマンという2つの活動をしている三田千晶さんにインタビューに答えていただきました。

NSPだからこそ経験出来た事や学べた事、そして二足のわらじを履くメリットや楽しさはどんなところにあるのでしょうか。
型にとらわれず、やりたい事に素直にチャレンジし多彩な活動を行う三田さん。音楽家にはさまざまな生き方の選択肢がある事を教えてくださいました。

ほかにも興味深いコンテンツが満載です。ぜひご覧ください!

情報誌『オン活』PDF版 最新号(VOL.2)
無料ダウンロードのお申し込み
次のリンク先のフォームより必要事項をご入力のうえ送信ボタンを押してください。
ご入力いただいたメールアドレスへ、ダウンロードURLが記載されたメールが自動送信されます。
※info@nextstage-p.orgからの受信許可設定をお願いいたします。
※ファイルサイズは約2.7MBです。データ通信量にご注意ください。