若い音楽家の“ネクストステージ”を応援します

NSPの活動目的について

 私たちネクストステージ・プロジェクト(NSP)の活動は、故・丸山大策がピアノ販売のセールスマンとして、そして楽器可マンション仲介管理会社の創業経営者として、半世紀にわたり行ってきた音楽大学生や若い音楽家を支援する取り組みを原点としています。

 音楽に限らず、自分が好きな道を職業として、それで生計を立てていく事はなかなか難しい事です。特に音楽を職業とする場合は、高い技術や才能も求められます。また高い技術があったとしても、それで稼いでいく事が出来るのはごく限られた人々です。さらに日本の場合、若い音楽家の活動の機会は年々狭められている感があります。

 もちろん、若手でも音楽で生計を立て、一定の成功を修めている音楽家もいます。彼らは演奏能力など音楽の技術だけでなく、職業音楽家としての「ビジネススキル」を身につけていると感じます。

 また、音楽大学に進んだからと言って、音楽を職業にする事だけが唯一の選択肢では決してありません。専門分野をしっかり学んできたという事は強みであるはずなのに、音楽以外の世界でその強みを発揮出来ず苦戦する若者も、私たちはたくさん見てきました。

 音楽大学は、音楽の技術を教育する専門機関ですから、職業人として身につけるべき事を学ぶ機会はほぼありません。だとすれば、私たちが担うのはその分野であろうと考えました。そして、その取り組みをより充実させるために、2015年に非営利団体(特定非営利活動法人=NPO法人)としてNSPを設立しました。

 他のビジネス同様に、クライアント様の要望を理解し、その期待以上の成果を報酬の対価として提供するためには何を知り、何を学ぶべきなのか ―― それを知る機会を提供し、学ぶ場となる事が私たちNSPの主な活動です。ですからNSPはまず、職業音楽家を目指す人々を支援します。またその支援は、ある時、音楽以外の道を選択する事になった場合にも、企業人として、職業人として、社会で十分通用する力となるためのものでもあります。

 NSPの活動は、若い音楽家が次のステージに立つ事を応援する取り組みです。そしてその取り組みの結果が、日本の音楽のあるべき姿へと近づく一歩となり、また時代の変化に適応する社会人の輩出にもつながると信じています。

 以上、NSP設立の原点と活動目的をお伝えいたしました。皆様のご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

特定非営利活動法人ネクストステージ・プロジェクト
代表理事 丸山 朋子