新型コロナウィルス感染拡大を防止するため政府・自治体からの外出自粛要請もふまえて、2020年5月31日まで、事務所による活動をお休みいたします。
お客様及び関係者の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ネクストステージ・プランニングは、
生演奏が身近にある社会を目指し、
そのために必要な音大生の職業的自立をサポートしています

Slider
ネクストステージ・プランニング
NPO法人ネクストステージ・プランニングの趣旨
  • 若い音楽家に演奏などの機会を適正な報酬、労働環境で提供し、主に職業音楽家を育成する
  • 生演奏の需要を創造する
  • 音楽を通して、広く社会で活躍出来る人材を育成する

近年のデジタル音楽の急速な発達により、生演奏の市場は縮小の一途を辿っています。 音楽大学からは毎年一定数の音楽家を輩出しているにもかかわらず、十分に活躍出来る演奏の場所がありません。 私たちは、生演奏の需要の拡大を目指すとともに、音大生が職業的に自立出来るよう、サポート活動を行っています。

活動内容

NSPは、若い音楽家の職業的自立をサポートするために、3つの活動を行っています。

①子どもや高齢者、公共施設、海外の貧困地域などへの生演奏の機会の提供
音楽に馴染みのない方々へ生演奏を届ける活動を通して、需要と供給の拡大を目指し、社会とのつながりを創造しています。

生演奏の機会の提供

②音大生への演奏の機会の提供
演奏の現場において、音楽のスキルを上げる事はもちろん、いただいた依頼に対してしっかりと責任をもって対応し、職業として音楽を提供する意識を養う機会を提供しています。

演奏の機会の提供

③音大生への裏方業務や学びの機会の提供
オフィスでの裏方業務(営業の仕方、メールの書き方、請求書の発行など)の体験や、職業的自立に必要なノウハウを提供するセミナーの受講の機会を提供しています。

webセミナー1

音大生の職業的自立をサポートするために

「音楽大学は裕福な家庭の子が通う場所」という先入観があるかもしれませんが、実は、多くが返済義務のある奨学金や、学生ローンによる進学を余儀なくされています。

音楽家人口は増える一方であるにもかかわらず、デジタル音楽の台頭により、生演奏の市場規模も縮小しているため、ほとんどの人が音楽とは関係のないアルバイトをしなければ生計を立てる事が出来ません。

しかしながら音楽大学では、演奏能力の向上には力を入れるものの、社会に出る「職業音楽家」に対してのサポートが決して充実しているとは言えないのです。

ご寄付のお願い

生演奏の普及だけでなく、職業訓練プログラムの無償提供や就学サポートを行っていくためには、皆様のご支援が必要になります。NSPの趣旨に賛同し、当法人の活動を支援してくださるサポーターを募集しています。

演奏の機会の提供

New Topics

ページの先頭へ