こんにちは!マネージャーの三田です。

桜も散り、緑に染まった木々に爽やかさを感じるこの頃、武蔵小杉に新しく建築予定の楽器可賃貸物件の地鎮祭にて、物件の発展のお祈りとともに、ネクストステージ・プロジェクトは演奏をお届けして参りました。

地鎮祭とは、新しく住宅を建てる際にその土地の神様に捧げものをし、お祓いとお祝いをする日本独特の行事です。こういう時でないとなかなか見られないものですね。

本日は「ネクストステージ・サックスアンサンブル」で、はじめての演奏です。
メンバーは アルトサックス 笠村勇樹さん、テナーサックス 田尻由紀さん、バリトンサックス 豊嶋優太さん、そしてソプラノサックスは私 、三田千晶がお送りしました。

モーツァルトの有名な曲のメドレーや、テレビでよく流れているポップスなど、馴染みのある楽しい曲をたくさん演奏しました。物件の関係者の皆様が聴いてくださいましたが、とても楽しんでいただけたようで、演奏の後に「本当に楽しかったです!」「心が震えました。」など、たくさんの嬉しい言葉をかけていただいて、私達も大変励みになりました。

 

今日は午前中雨が降っていてお天気が危ぶまれましたが、地鎮祭の前にはちょうど雨も止み、演奏中は青い空が広がっていました。幸先が良さそうです!

地鎮祭で生演奏のお届けのお仕事は、とても珍しいと思います。楽器可物件ならではのご依頼ですね。私も初めて生で地鎮祭を見ることが出来、貴重な経験でした。ありがとうございました。
素敵な物件の誕生と、これからの発展をお祈りしております。

 

【今回の演奏依頼概要】
ご依頼内容:地鎮祭でのサックス四重奏による生演奏
演奏:ネクストステージ・サックスアンサンブル
会場:武蔵小杉楽器可賃貸物件建設地
日時:2018年4月18日