こんにちは。マネージャーの宮澤です!
全国賃貸管理ビジネス協会様クリスタルパーティーにて生演奏をさせていただきました!
(2018年5月8日 帝国ホテルにて)

全国賃貸管理ビジネス協会様は、全国展開する会員不動産会社の管理物件拡大と収益向上の他、様々な活動も行なっていて、その中にはお見合いパーティーのようなユニークなものもあります(詳細はホームページをご覧ください)。

今回はその中で、カップルのマッチング集計の待ち時間に、余興として生演奏をお届けしました。

帝国ホテル桜の間はその名の通り、随所に桜をモチーフにしたオシャレな照明があります。そんな素敵な会場で演奏してくださったは、AQUAMUSEさん。中村奈央さん、小田祐子さん、山本裕子さん、澤目未樹さんによるクラリネット四重奏です。



クラリネットは木管楽器で、金管楽器と比べて優しい音色が特徴。
この日は3種類を使って演奏してくださいました。
一般的なクラリネットの他、高い音のクラリネット、低い音のクラリネットなど、種類の違う楽器を使うことで、アンサンブルに厚みが出るんですね。
会場いっぱいに広がる優しい音色とAQUAMUSEの皆さんの雰囲気が、とてもマッチしていました!

当日急遽MCが入ることになったにもかかわらず、困った素振りも一切無く、リハーサル後にサッと打ち合わせをし、本番は4人で見事にお客さんを盛り上げていました。
(この日はもう一つ、ダンスユニットによる余興があったのですが、そちらはMCが一切無かったため、トークでも楽しませる事が出来たAQUAMUSEのパフォーマンスはクライアント様にも大変喜んでいただきました。)

参加者が手持ち無沙汰にならず、かといって会話をしたり自由に過ごしたい人の邪魔もせず、絶妙な加減でお客さんを惹き込んでいたのが印象的でしたね。

全曲暗譜だったというのも、お客さんにとってその場を楽しめる要因だったのではないでしょうか。
暗譜とは楽譜を見ないで、覚えて演奏することです。楽器そのものや奏者の姿も客席からよく見えるし、お客さんとアイコンタクトをとったりすることで、エンターテインメント性が高くなります(ディズニーランドを想像してみてください)。

衣装も印象的で素敵でした!
ステージ後ろの金の屏風にもとても合っていました。
ドレスだけでなく、靴やアクセサリーも揃っていて、アーティストのイメージが確立されているなと感じました。

今回わたしはマネージャーとして同行させていただいたのですが、自分自身もお客さんと同じ立場でAQUAMUSEの演奏を楽しむことが出来ました。また、素敵な会場でお仕事をさせていただけた事をとても嬉しく思っています。

このようなパフォーマンスをこれからもたくさんの人に届けらるようPRしていきたいと思います。全国賃貸管理ビジネス協会様、AQUAMUSEの皆さん、この度はありがとうございました!

【今回の演奏依頼概要】
日程:2018年5月8日(火)
会場:帝国ホテル
演奏:AQUAMUSE
ご依頼元:全国賃貸管理ビジネス協会
ご依頼内容:余興としての生演奏