こんにちは、マネージャーの松丸です。

Apaman Network株式会社様開催の全国大会にて、13名による室内管弦楽の生演奏をお届けしました。
(2019年11月14日ザ・プリンスパークタワー東京にて)

Apaman Network株式会社様は、不動産賃貸仲介会社で、「アパマンショップ」のフランチャイズブランドを展開しています。賃貸仲介のほか、建築企画や住生活サービスなどの不動産に関わるサービスを研究、提供されています。

今回生演奏のご依頼をいただいたこちらの催しは、全国のアパマンショップ様に加盟している代表者やスタッフの方が集い、来年の方針や勉強を行いながら懇親を深める会で、1000人以上の方がご出席されました。
会場はザ・プリンスパークタワー東京の主宴会場「ボールルーム」で行われました。日本最大規模の広さを誇る会場で、天井からは豪華なシャンデリアが下がり、高級感のある華やかな空間でした。

今回演奏してくださったのは「ネクストステージ室内管弦楽団」の皆様で、音大生や大学院生、卒業後フリーランスとして活躍している方々です。NSPの案件の中では今年一番の大きな編成です。
今回はこちらの曲を演奏していただきました。

・管弦楽組曲第3番ニ長調より『G線上のアリア』(作曲:J.S.バッハ/編曲:山口章代・山口宗真)
・『羊は安らかに草を食み〈狩のカンタータ〉』(作曲:J.S.バッハ/編曲:山口章代)
・オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」より『間奏曲』(作曲:P.マスカーニ/編曲:山口章代・山口宗真)

お食事中・ご歓談中での演奏で、広い会場にクラシックの音楽が響き渡り、会場をより一層華やかに演出していました。中にはお食事の手を止めて聴きいってくださる方もいらっしゃいました。
ステージの背面には大きなスクリーンがあり、LIVEカメラがとらえた奏者さんの映像が映り、演奏している姿が遠くにいる方にもよく見えるよう演出していて視覚でも楽しんでいただけたかと思います。

NSPの演奏家のほかにもゲストが出演し、会場はとても賑やかで、皆様楽しんでいらっしゃいました。

私は今回が初めての案件同行だったので、不安な点や至らない点がありましたが、会場のスタッフの方々が丁寧に対応してくださり、サポートしていただきました。学んだ事を次の案件で活かせるよう頑張ります。

Apaman Network株式会社様、この度はこのような素敵な演奏の機会をいただきまして、誠にありがとうございました。御社の益々のご発展をお祈り申し上げます。

【今回の演奏依頼概要】
日時:2019年11月14日
会場:ザ・プリンスパークタワー東京
演奏:ネクストステージ室内管弦楽団
1st ヴァイオリン 小野田さと、由良卓也
2nd ヴァイオリン 服部まどか、佐川絵美
ヴィオラ 本田梨紗、大森悠貴
チェロ 田中里奈、原永里子
コントラバス 金沙愛
フルート 中川彩、岡田澪
オーボエ 熊澤杏実
クラリネット 園田知潤
ご依頼元:Apaman Network株式会社
ご依頼内容:アパマンショップ全国大会でのご歓談中の室内管弦楽の生演奏


GALLERY

 

 

 

 

 

 

 

 

配布プログラム