『A or B/あなたが選択すべき人生の分かれ道』
Vol.3 大手ハンバーガーチェーン店で食事する? or ちょっと高級なお店?

いきなりですが、皆さんは普段、どんなところで食事をしていますか?

実家暮らしの人はあまり苦労する事なく、親御さんの作ってくれた料理を家で食べているかもしれませんし、一人暮らしの人は、自炊をしたり、スーパーのお惣菜コーナーやコンビニ、ファストフード店などを多く利用しているかもしれませんね。

なぜこんな話をするかは後々解説しますが、まずはハンバーガー店でメリット、デメリットを比較をしてみましょう。

  メリット デメリット
大手ハンバーガー
チェーン店
  • 料金が安い
  • 提供が早い
  • (高級店に比べて) 素材が良くない
  • (高級店に比べて) サービスが良くない
高級ハンバーガー店
  • 素材にこだわっている
  • サービスが良い
  • (チェーン店に比べて) 料金が高い
  • (チェーン店に比べて) 提供が遅い(行列に並ぶ場合もある)

こんな違いがありますよね。
単純に、メリットとデメリットは真逆であるのが分かると思います。

質の高いサービスから学べること

今回のテーマは、

「(それなりに)きちんとしたお店に行きましょう!」

です。理由の一つは、

ハンバーガーや牛丼、コンビニ弁当ばっかり食べていると、栄養バランスが悪く、健康管理の面で良くない

なんですが、かといって「高級ハンバーガーを食べ続けましょう」という話ではありません(食べ続けていたら、いくら高級でも身体に悪いです)。

皆さんに伝えたいのは、

「質の高いサービスを経験しましょう!」

という点です。

なぜだか分かりますか?それは、音楽家という仕事もサービス業だからです!

ものすごく基本的な事だと思うのですが、

質の高いサービスを受けた経験がないと、質の高いサービスは提供出来ない

と僕は考えています。

身近なサービスの質と価格を比べてみる

今回のタイトルはハンバーガー店にしてみましたが、もちろんそれに限った話ではありません。

  • コンビニ&スーパー/デパート&百貨店
  • 回転寿司/カウンターで一貫ずつ握ってくれる寿司屋
  • 大手居酒屋チェーン&ファミレス/こだわりの創作料理、お酒を出す居酒屋&レストラン
  • 衣料量販店/ブランドの衣料品店
  • 駅によくある1000円カットの理容店/カリスマ美容師がいるお店
  • 格安ビジネスホテル/高級ホテル
  • 夜行バス/新幹線
  • LCC/ANAやJAL
  • 飛行機のエコノミークラス/ビジネス&ファーストクラス
  • さびれた地方の遊園地/ディズニーランド

ざっと挙げてもこれくらいあり、すべて皆さんにとって身近なものですよね。

体験したものがあれば、サービスはどう違ったか、価格にどれくらい差があったか、客層はどう違ったかを思い出してみてください。

そしてもうひとつ大切なのは、そのサービスを受けた時、あなたはどう感じたかです(顧客満足度という言葉を聞いた事があると思います)。

たとえば、夜行バスと新幹線では、スピード、快適さ、安全性、運賃の差は一目瞭然ですよね。

極論になりますが、高速バスでは何度も痛ましい死亡事故が起きています。それに比べ、新幹線では開業以来、JR側に過失のある死亡事故は起きていません。

音楽家のサービスに命の危険はありませんが、ものによってはそれくらいの差があるという事です。

あなたがお客様だった場合、どちらを選びますか?

僕も若手でお金がなかった頃はよく高速バスにも乗りましたが、最近ではよほどの事情がない限りは新幹線を選びます。

何が言いたいかというと、

お客様は常に、サービス(商品)の質と価格が自分にとって適切か、相応かを判断しながら買い物をしている

という事です。

楽器に置き換えてもわかりやすいかもしれません。

ピアノ科の音大生で、電子ピアノしか弾いた事がない人はいませんよね。

管楽器の音大生でも、ネットで買える安価な中国製の金管・木管楽器を使っている人はいないし、自分の生徒さんにも決して薦めないでしょう(※中国製すべての否定ではありません/中国の伝統楽器などにも言及はしていません)。

つまり、皆さんはお客様の立場で、ちゃんとその価値が判断出来ているはずなんです。

それにも関わらず、身近な生活になると、度を越えてケチな人が結構います。

質の高いサービスには、必ずその人の「心」が入っています。

チェーン店で、どのバイトの子が作っても迅速に同じ物が何個も出来るハンバーガーと、素材にこだわってひとつひとつ丁寧に作っているハンバーガーが同じ味のわけがないですよね。

工場で大量に作られた楽器と、職人さんが一本一本作った楽器は、素材や心のこもりかたが違うはずです。だからこそ値段に差が出てくるんです。

自分のサービスに置き換えてみる

あなたが音楽家として成功し、きちんとした対価を得られるようになるためには、質の高いサービスを経験し、(自分なりの感性で)良い物は良いと感じられる人間になっている事がとても大切です。

  • 料理はとても美味しいけど、お店や食器の清潔感がない、店員が無愛想で言葉づかいが汚い

これを音楽家に置き換えるとどうなるでしょうか?

  • 演奏はとても上手いけど、服や髪などの身だしなみが整っていなくて、(レッスンなどでも)無愛想で言葉づかいが汚い

こんな感じになりますよね。

良いサービスにお金を使えない人は、周りにも(あなたのお客様にも、同業者の友人も) そのランクの人が集まってきます

あまりに節約の事ばかりを考えて良いサービスを経験しないと、あなたはそのランクから抜け出す事は出来ません

これが僕の持論です。

僕自身、今でも大手ハンバーガーチェーンもコンビニも、スーパーのお惣菜コーナーも利用しますし、100円ショップや家電量販店などで、安くて品質の良いものはもちろん利用します(安いものを使ってはいけないという話ではありません)。

かといって、「銀座や六本木で豪遊しましょう」でもありません。

今回の話は決して「無駄遣いをしましょう」ではないので、誤解しないようにしてくださいね。

普段生活をしていたら、1日に何度も「サービスを受ける」はずです。その1回1回が勉強です。

  • そのサービスはどれだけ相手の心がこもっていたのか
  • そのサービスを受けて、安いと感じたのか、高いと感じたのか
  • もう一度利用したいと思えたのか?(それはなぜか?)

こんな意識をもち、自分が音楽家として、どんなサービスを提供したいか(どうやって相手を満足させたいのか)に置き換えるようにすれば、きっと演奏技術以外のスキルも向上するでしょう。

参考:変換力

ちょっとした事からでいいです。

いつもチェーンの居酒屋で平均的な料理と飲み放題だけど(客単価3000円位)、アルバイトで臨時収入があった時なんかに、少し上のランクのお店(客単価5000円位)に行ってみるとか。

仮にあなたが1レッスン3000円で受けているとして、5000円もらえるようにするには何が必要か、そのヒントがあるかも知れませんよ!

次回記事:Vol.4 留学する? or 日本にとどまる?
前回記事:Vol.2 アルバイトをする? or しない?