音楽家のサバイバル術

当事務所音楽ディレクターの藤井裕樹によるブログ。プロの音楽家になるため、音楽の仕事に就くために大切なことをご紹介。音大への進学と、卒業後の進路や就職に悩む若い方のためのアドバイスです。

新着記事

NSU教育学部 Vol.5『自分と他人』

音楽家のサバイバル術
シリーズNSU(Next Stage University )教育学部第5弾です。 このシリーズではここまで、「行動を起こす前に目的を明確にする事」、「カリキュラムやマニュアルに縛られず、柔軟な行動をする事」、「日本と欧米の教育の違い」、そして「どうように欧米の教育を取り入れるのが理想的か」というお話をしてきました。 教育の大きな目的は「自立」です。 その「手段」として、学力(音楽で言えば楽器などの技術)を上げる事は必要不可欠だと思いますが、もっと大切な事は何でしょうか?

NSU教育学部 Vol.4『欧米の教育の取り入れ方』

音楽家のサバイバル術
前回記事「日本と欧米の教育の違い」の中で、大坂なおみ選手とコーチの関係には上下関係がなく、また、彼女を徹底的に褒めて伸ばし、結果を出している事などを紹介しました。 ですが、 “そもそも「国民性」というものもあるので、例えば上下関係をすべて取っ払ったり、極端なポジティブシンキングを日本に取り入れたとしても、うまく機能するとは言えないと思います。” こんな意見も書かせていただきました。 今回はこの点について、もう少し掘り下げてみます。

NSU教育学部 Vol.3『日本と欧米の教育の違い』

音楽家のサバイバル術
シリーズNSU(Next Stage University)教育学部第3弾です。 先日、テニスの大坂なおみ選手が全米オープンで優勝し、一躍時の人となったのは記憶に新しいと思います。日本人アスリートが世界のトップになった事はとても誇らしい事ですよね。 メディアでは、彼女のコーチであるサーシャ・バイン氏についても取り上げられていましたが、最近いろいろな日本のスポーツ界で話題になっている暴力や不祥事、パワハラなどさまざまな問題とは随分差があると感じた人も多いのではないでしょうか。 彼のコーチングはまさに、欧米の良い教育の典型だなあと感じました。 今回はこのサーシャコーチを一部参考にしながら、僕が感じている日本と欧米の教育の違いについて考えてみたいと思います。

NSU教育学部 Vol.2『カリキュラム教育のメリット/デメリット』

音楽家のサバイバル術
シリーズNSU(Next Stage University)教育学部第2弾です。 突然ですが、皆さんが仕事や旅行で目的地を目指す時、地図を使う事はよくあると思います。朝早くに初めての現場に行く時などは(絶対に遅刻出来ないので)とても神経を使いますよね。 そんな時、地図だけでなく「何駅の何番出口を出て、最初の信号を右折、その後、突き当たりのコンビニを左折」といった具合に、細かい説明文があると迷う事なく目的地に到着出来るので、とてもありがたいわけです。 では、旅行はどうでしょうか? 目的地にたどり着くまで特に時間の制限がなかったり、「散策」自体が楽しみ(目的)だとしたら、細かい道筋を決められているのはむしろうっとうしいと感じる人も多いと思います。 今回のテーマ「カリキュラム教育のメリット/デメリット」とは、まさにそんな話。

NSU教育学部 Vol.1『目的と手段』

音楽家のサバイバル術
今回からまた新たなシリーズが始まります。 タイトルは「NSU(Next Stage University)教育学部」にしてみました。 僕自身の最終学歴は高卒で、もちろん教員免許もありません。 ですが、教育というのは、いわゆる学校の先生と呼ばれる職業の人だけがやるものではないですよね。 この「音楽家のサバイバル術」では、音楽大学では教わらないと思われる自立のためのノウハウなど(人として、音楽家として最低限必要な事)を提案し続けています。これも教育と言えば教育だと思います。

ハリー・ポッターに学ぶ ”夢を実現した人”

音楽家のサバイバル術
前回のブログ「諦めない勇気 or 諦める勇気」はいかがだったでしょうか? 今回はその流れで、僕自身が生き方を尊敬出来る二人の偉大な作曲家、作家さんについて取りあ げてみたいと思います。 タイトルにも書きましたが、それは映画「ハリー・ポッター」にまつわるお二人です。 ご覧になっている方も多いですよね?

『A or B/あなたが選択すべき人生の分かれ道』 Vol.6 諦めない勇気 or 諦める勇気

音楽家のサバイバル術
今回でこのシリーズの最終回となります。 タイトル的にはちょっと重めのテーマと言えるでしょうか……。 「音楽家のサバイバル術」を通してお伝えしていますが、音楽の収入のみで生計を立てられるのは、その道を志した人のほんの数パーセントです。 音楽大学の卒業間近になった人や、卒業後もしばらく頑張ってみた人も、現実はなかなか思うようにいかず、「このまま楽器を続けようか、就職しようか」など、迷っている人はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな方たちにはぜひ読んでいただきたい内容です。何かのヒントになるかもしれません。

『A or B/あなたが選択すべき人生の分かれ道』Vol.5 仕事を選ぶ? or 選ばない?

音楽家のサバイバル術
毎月定額の給料をもらえる一般企業などと違い、フリーランスは自分自身で受ける仕事をコントロールする事が出来ます。音楽家に限らず、この世界はうまくやればサラリーマン、OLよりも実績、成果は伸びますし、失敗すると真逆になります。「ああ、卒業してさっさと就職しておけば良かった」と後悔しないためには、どんな事を考えておけば良いのでしょうか?まずは、仕事を選ぶか選ばないかによって、どのようなメリット、デメリットがあるかを比較してみましょう。
-PR-
LINEでかんたんお部屋探し!友だち追加

ページの先頭へ